明治維新の揺籃の天地・山口県。山口は常に、未来を目指し、新たな時代を創らんとする革新の息吹にあふれた天地です。

  昭和31年、池田大作名誉会長(当時は青年室長)を中心とする開拓指導によって劇的な幕開けを飾った山口広布史は、21世紀を迎えた今日、その「開拓」の魂は情熱と希望あふれる青年たちに受け継がれています。山口県創価学会は、地域に友情と信頼のネットワークを築きながら、平和・教育・文化の運動を幅広く展開しています。